コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熟練労働者 じゅくれんろうどうしゃskilled labor

2件 の用語解説(熟練労働者の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熟練労働者
じゅくれんろうどうしゃ
skilled labor

歴史的にはギルドマニュファクチュアの段階での,作業に経験的に習熟した労働者のこと。産業革命以後,近代的工場制工業の一般化により,経験的技能とは異なった専門的知識や科学的判断力をもった新たな質の熟練が要請されるにいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅくれんろうどうしゃ【熟練労働者 skilled worker】

工業の生産過程における技能に習熟した労働者をいう。産業技術および経済構造の変化に対応して,歴史的にも国際的にも多様な存在様式をもっている。
[沿革]
 産業革命以前には,自営業者である職人がギルドを形成して技能を独占し,親方―職人―徒弟の身分序列を守るとともに,親方の人数を制限し,親方以外には営業を認めない規制を確立していた。産業革命によって自営業者としての職人の基盤は崩れ,資本家に雇用される賃金労働者が主流となったが,新たに形成された機械制大工業の中で要求される技能に習熟した熟練労働者と,その補助者あるいは熟練を要しない単純作業に従事する不熟練労働者unskilled workerの階層区分が生じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の熟練労働者の言及

【経営・経営管理】より


[内部請負制]
 まず工場レベルに焦点をおくと,広義の機械工業では産業革命以降かなり長期にわたって内部請負制subcontract systemが採用されていた。それは,かつて熟練労働者であった者のなかで,それなりに能力があって内部請負人となった者が資本家との間で契約を結び,一定種類の作業を一定量,一定期間,一定価格で請け負って完成させるものである。彼は必要な労働者を自分の判断で雇用し,作業上の監督やときに技能訓練を行い,仕事を査定して賃金を支払う。…

※「熟練労働者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熟練労働者の関連情報