コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働時間短縮 ろうどうじかんたんしゅくreduction of working hours

1件 の用語解説(労働時間短縮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働時間短縮
ろうどうじかんたんしゅく
reduction of working hours

時短。日本の労働時間は欧米諸国と比較して年間 200~500時間も長く,経済力の大きさにかかわらず,それに見合った生活の豊かさを実感できない要因の一つとなっている。労働時間の短縮は,日本全体として取り組むべき最も重要な課題の一つであり,1993年に成立した労働基準法改正では,94年4月から週の法定労働時間を原則 40時間へ移行することが決まった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の労働時間短縮の言及

【産業革命】より


【産業革命論の変遷】
 〈産業革命〉という言葉そのものは,K.マルクスやフランスのA.deトックビルらによっても用いられたが,厳密な学術用語としては,1880年代になってイギリスの社会改良家A.トインビーによって確立させられた。トインビーは,ケンブリッジで教鞭をとるかたわら,ロンドンのイースト・エンドなどのスラム改良に活躍した人物で,今もトインビー・ホールにその名をとどめている。彼にとって〈産業革命〉とは,18世紀後半,つまりジョージ3世登位以降,19世紀前半までのイギリスが,生産活動の機械化・動力化,工場制の普及,その結果としての工業都市の成立,産業資本家層と工場労働者の階層の勃興など,農村社会から資本主義的工業社会へ〈急激に〉大転換を遂げたことを意味した。…

※「労働時間短縮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

労働時間短縮の関連情報