コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働時間短縮 ろうどうじかんたんしゅくreduction of working hours

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働時間短縮
ろうどうじかんたんしゅく
reduction of working hours

時短。日本の労働時間は欧米諸国と比較して年間 200~500時間も長く,経済力の大きさにかかわらず,それに見合った生活の豊かさを実感できない要因一つとなっている。労働時間の短縮は,日本全体として取り組むべき最も重要な課題の一つであり,1993年に成立した労働基準法改正では,94年4月から週の法定労働時間原則 40時間へ移行することが決まった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の労働時間短縮の言及

【産業革命】より


【産業革命論の変遷】
 〈産業革命〉という言葉そのものは,K.マルクスやフランスのA.deトックビルらによっても用いられたが,厳密な学術用語としては,1880年代になってイギリスの社会改良家A.トインビーによって確立させられた。トインビーは,ケンブリッジで教鞭をとるかたわら,ロンドンのイースト・エンドなどのスラム改良に活躍した人物で,今もトインビー・ホールにその名をとどめている。彼にとって〈産業革命〉とは,18世紀後半,つまりジョージ3世登位以降,19世紀前半までのイギリスが,生産活動の機械化・動力化,工場制の普及,その結果としての工業都市の成立,産業資本家層と工場労働者の階層の勃興など,農村社会から資本主義的工業社会へ〈急激に〉大転換を遂げたことを意味した。…

※「労働時間短縮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

労働時間短縮の関連キーワードリフレッシュ休暇制度ディーセント・ワーク日本労働組合総連合会ワルデック・ルソー経済闘争・政治闘争全国労働組合総連合ボランティア休暇グリーンバック党シャフツベリー伯八幡製鉄所争議合理化反対闘争サンジカリズムマルクス主義ゼンセン同盟学校週5日制企業ドリフト週休2日制人事院勧告レジャー母親大会

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労働時間短縮の関連情報