コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働模範 ろうどうもはん láo dòng mó fàn

1件 の用語解説(労働模範の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろうどうもはん【労働模範 láo dòng mó fàn】

中国で各分野において,生産や技術開発に顕著な成績を収めた者に労働模範という称号を与えている。1940年代生産増強のため,ソ連のスタハーノフ運動にならって延安解放区から始まった。成績がとくに顕著な者は全国労働模範といい,それ以下のものは省・市・自治区や企業単位でこの称号が与えられる。労働模範は各分野のモデルとしての機能をもつ。したがって,各時期・時代の要求を反映したモデルが選ばれる。農業面で労働模範の中のモデルをみると,延安時代は富農の呉満有,土地改革直後は農村の組織化に取り組んだ李順達,また個人農で篤農の陳永康,1955,56年の合作社化時代は苦しい農民たちを合作社化に導いた王国藩,1960年代は国際的孤立化で国に依存せず村の建設を指導した陳永貴などの選ばれ方に時代の反映がみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

労働模範の関連キーワードARIB権威シンクタンクグリーンITUNCSTDウルフ賞TIPA計算科学技術活用型特定研究開発推進事業宇宙技術開発西日本技術開発

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

労働模範の関連情報