コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働集約産業 ろうどうしゅうやくさんぎょうlabour-intensive industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働集約産業
ろうどうしゅうやくさんぎょう
labour-intensive industry

一定の産出量を生産するのに技術的に必要とされる生産要素のうちで,労働の投入割合が他の生産要素に比較して高いタイプの産業。繊維,雑貨などの軽工業,サービス産業などがその例。また重化学工業は軽工業よりはるかに資本集約的であるが,そのなかにあって機械工業は化学工業に比べると相対的に労働集約的といえる。近年は機械設備の合理化が進み,繊維,機械工業などはこの範疇からはずれる傾向もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

労働集約産業の関連キーワード知識集約産業

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労働集約産業の関連情報