労兵(読み)ろうへい

精選版 日本国語大辞典「労兵」の解説

ろう‐へい ラウ‥【労兵】

〘名〙
兵士に骨を折らせること。また、疲れた兵士。疲兵。
太平記(14C後)三四「野軍に敵を疲らかして、雌雄を労兵(ラウヘイ)に決すべし」
労働者と兵士。特に、ロシア革命一九一七)以降労働者と兵士とが結びついた組織をいった。〔現代用語辞典(1925)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「労兵」の解説

ろう‐へい〔ラウ‐〕【労兵】

労働者と兵士。
疲れた兵士。
「雌雄を―の弊(つひ)えに決すべし」〈太平記・三四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android