コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勃極烈 ボギレ bó jí liè

1件 の用語解説(勃極烈の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボギレ【勃極烈 bó jí liè】

中国,金朝初期の官名。勃極烈は君長を意味する女真語のbogileの音訳。1115年(収国1)建国の直後に阿骨打アクダ)はそれまでの勃極烈制度を発展させて,皇帝に直属する国政の最高機関とし,帝位継承者である諳班勃極烈を始めとして国論勃極烈,(国論)阿買勃極烈,国論昃勃極烈を任命した。各勃極烈は合議を行って皇帝をたすけたが,行政や司法にも権限をもっていた。そののち勃極烈は改廃があいついだが,各勃極烈にはいずれも皇帝(完顔氏)の一族が任命されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

勃極烈の関連キーワード太監張説愛新覚羅伊尹官名御史司農知県百官名閽人

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone