勃極烈(読み)ボギレ(英語表記)bó jí liè

世界大百科事典 第2版の解説

ボギレ【勃極烈 bó jí liè】

中国,金朝初期の官名。勃極烈は君長を意味する女真語のbogileの音訳。1115年(収国1)建国の直後に阿骨打アクダ)はそれまでの勃極烈制度を発展させて,皇帝に直属する国政の最高機関とし,帝位継承者である諳班勃極烈を始めとして国論勃極烈,(国論)阿買勃極烈,国論昃勃極烈を任命した。各勃極烈は合議を行って皇帝をたすけたが,行政や司法にも権限をもっていた。そののち勃極烈は改廃があいついだが,各勃極烈にはいずれも皇帝(完顔氏)の一族が任命されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android