アクダ(読み)あくだ

日本大百科全書(ニッポニカ)「アクダ」の解説

アクダ
あくだ / 阿骨打
(1068―1123)

中国、の初代皇帝(在位1115~1123)。廟号(びょうごう)は太祖。姓は完顔(ワンヤン)。名は阿骨打。謚(おくりな)は武元皇帝。女真(じょしん)人。該里鉢(がいりはつ)(世祖)の第2子。母は拏懶(ナラン)氏。7月1日生まれ。完顔部は按出虎水(アルチュフすい)(阿什河(あじゅうが))を本拠とした生(せい)女真で、父該里鉢はその部長であった。阿骨打は身長8尺、沈毅(ちんき)寡黙弓矢に巧みな偉丈夫で、23歳のとき、敦化(とんか)付近の窩謀罕(わぼうかん)の討滅戦に参加した。父の死後、叔父の穆宗盈歌(ぼくそうえいか)、兄の康宗烏雅束(うがそく)の時代に、完顔部は吉林(きつりん)省南東部、豆満(とまん)江流域、咸興(かんこう)平野にまで勢力を伸ばしたが、阿骨打は諸戦に参加し、盈歌の時代の末年には「訊事(じんじ)号令は阿骨打から申し上げる」ほど、内政外交の中心的存在となった。1113年、烏雅束が没すると、弟の阿骨打が都勃極烈(トボギレ)となり、完顔部の首長の地位を継承し、(りょう)から節度使に任ぜられた。

 このころ遼の皇帝は天祚(てんそ)帝で、中国風の豪奢(ごうしゃ)な生活を送ったから、華美な宮廷生活を支えるため女真人への搾取も強化され、貢納督促にあたる遼の官吏の行動には目に余るものがあった。そこで、阿骨打はついに対遼戦を決意し、1114年9月、遼の前線基地寧江州を攻めて大勝し、熟(じゅく)女真や遼東の渤海(ぼっかい)人を支配下に収め、1115年、皇帝の位について国を大金と号し、年号を収国とした。

 収国元年、黄龍府(農安)を陥落させ、天祚帝の親征軍を撃破し、同2年遼陽府を陥落させ、遼東および鴨緑江(おうりょくこう)下流域を支配下に置いた。阿骨打は金国の発展につれて行政機構を整備し、1115年、4人の勃極烈を補任して中央の政務を運営させ、猛安(もうあん)・謀克(ぼうこく)制を国家の行政機構に再組織し、地方行政区画として路を置き、女真文字を制定させた。

 当時、(そう)では燕雲(えんうん)十六州の回復を宿願としており、このため金と同盟して遼を挟攻しようとした。阿骨打は1122年、西京大同府を攻略させ、自らは居庸関(きょようかん)から燕京(えんけい)(北京(ペキン))に入り、同地方の遼の勢力を一掃し、宋に燕京のほか涿(たく)、易(えき)など6州を割与した。そして天祚帝の討伐に全力をあげようとしたが、1123年8月28日、部堵濼(ぶとはく)西の行宮において、56歳で没し、睿(えい)陵に葬られた。

[河内良弘]

『河内良弘著『金王朝の成立とその国家構造』(『岩波講座 世界歴史9』1970・岩波書店・所収)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android