合議(読み)ごうぎ

精選版 日本国語大辞典「合議」の解説

ごう‐ぎ ガフ‥【合議】

〘名〙 二人以上のが集まって相談すること。
※万国新話(1868)〈柳河春三編〉三「英仏魯の三大国議して」 〔呉越春秋‐王僚公子光伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「合議」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「合議」の解説

【合議】ごう(がふ)ぎ

相談する。〔呉越春秋、三、王僚使公子光伝〕(公子)光、王僚を謀せんと欲するも、未だ與(とも)に合議するらず。(ひそ)かにを求む。

字通「合」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android