勅旨田(読み)ちょくしでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勅旨田
ちょくしでん

皇室領不輸租田。令に規定された皇室領は官田だけであった。勅旨田は奈良時代から出現し,特に平安時代には勅旨をもって諸国の空閑地,荒廃田などを開墾して皇室領としたもの。しかし,名を勅旨にかりて私田を開く者があり,弊害が生じたので,延喜2 (902) 年の荘園整理令で,これを禁止したが,院政時代に入ると再び増加した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくしでん【勅旨田】

天皇の勅旨によって開発された皇室領の田地。おもに空閑地,荒廃田が開墾の対象とされた。766年(天平神護2)の文書に越前国足羽郡の勅旨御田がみえるが,正史の初見は《日本後紀》大同1年(806)7月で,9世紀の天長・承和期(824‐848)に集中的に現れる。勅旨田は国司の所管で耕営されるが,諸国の正税・乗稲を開発料にあて,公水を用いて開発された。設置場所は全国に及ぶ。《延喜式》では不輸租とある。承和以降はほとんど後院関係の勅旨田である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょくしでん【勅旨田】

平安時代、勅旨により開墾された皇室領。皇室関係の諸費用の財源にあてられたが皇室の荘園領主化を促進した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勅旨田
ちょくしでん

8世紀の末ごろから、律令(りつりょう)制の衰退に対処するため皇室独自の財源として開墾された不輸租田。勅旨開田ともいう。8世紀のなかばごろから貴族や寺院は盛んに開墾を行い、荘園(しょうえん)を形成していったが、これと同趣旨の開墾事業を勅旨によって国家の財政負担で行ったものである。9世紀を通じて盛んに設定されたが、902年(延喜2)に始まった延喜(えんぎ)の荘園整理令の一環として、897年(寛平9)以降の勅旨開田は停止された。しかし、荘園制の進行のなかで勅旨田のみを停止することは不可能で、院政時代に入ると、ことに増加し、なかでも後三条(ごさんじょう)天皇は大いに勅旨田の増大に努めた。その後、鎌倉時代をもって勅旨田は終わりを告げる。[虎尾俊哉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android