コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動体予測 どうたいよそく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動体予測
どうたいよそく

カメラに対して被写体が前後に動いている場合に,ピントをはずさずに撮影を可能にするためのオートフォーカス AF式測距システム。ミノルタが 1988年に発売したα-7700i に初めて搭載された。一眼レフカメラではシャッターボタンを押してから実際にシャッターが切れるまでにタイムラグがあるため,高速で走る自動車やランナーにはピントを合わせにくいが,動体予測は毎秒約 20回の間隔で AFを繰り返して被写体の平均速度を測定し,シャッターが切れる瞬間の被写体の位置を予測して,あらかじめその位置にピントを設定することができる。今日のフィルムAF一眼レフカメラやデジタル一眼レフカメラミラーレス一眼カメラ(ノンフレックス)にはすべて搭載されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

動体予測の関連キーワード動態予測

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動体予測の関連情報