コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動物格闘文 どうぶつかくとうもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動物格闘文
どうぶつかくとうもん

動物と動物が格闘する姿を図形化した文様。イランメソポタミアの古代文化や南ロシアのスキタイ文化にその典型がみられ盛んに使われた。狩猟民族に特有のもので,東への広がりとしては,前4~1世紀のシベリアから中国北部のオルドス地方にその例があり,南方では雲南の漢代青銅器,また西方への広がりとしてはケルト文化 (前8~1世紀) にその例がみられる。その意匠法動物文様の一つとして長く後世に受継がれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

動物格闘文の関連キーワードシュメール美術

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android