コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動産占有回復訴訟[英米法] どうさんせんゆうかいふくそしょう[えいべいほう]replevin; revendication

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動産占有回復訴訟[英米法]
どうさんせんゆうかいふくそしょう[えいべいほう]
replevin; revendication

コモン・ロー諸国における訴訟の一方式で,不法に占有を奪われた人的財産の返還,および結果的に発生した損害の填補を求める場合に用いられる。動産占有回復訴訟は最古のコモン・ロー上の訴訟の一つであり,14世紀に起源をもっている。現代では「動産返還訴訟」と呼ばれている。動産占有回復訴訟によって返還を求めることができる人的財産の種類には制約がある。目的物は有体財産でなければならないが,単なる紙片 (たとえば株券) であってもよい。目的物は同一性の確認が可能であり,分離可能であって,留置されうるものでなければならない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android