動的変成作用(読み)どうてきへんせいさよう(英語表記)kinetic metamorphism

岩石学辞典の解説

動的変成作用

岩石がその変位に伴って変形破砕される作用で,変位変成作用といわれることがあるが,この語は歴史的に広域変成作用と同意義に使用された[片山ほか : 1970].この変成作用は広域的な剪断を受ける過程で発達した熱や圧力による変成作用[Amborose : 1936, Sceumnn : 1936, Ramberg : 1952].動力変成作用(dynamometamorphism)と同義[渡辺編 : 1935].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android