コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘六 カンロク

大辞林 第三版の解説

かんろく【勘六】

1746~1805) 江戸後期の書家。勘亭流の祖。岡崎屋勘六。号、勘亭。江戸中村座の狂言名題を書いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

勘六の関連キーワード四十七士(赤穂四十七士)中島勘左衛門(2代)中島勘左衛門(3代)中島勘左衛門(初代)加藤勘六(2代)奥田貞右衛門赤穂浪士一覧中島三郎四郎小野善右衛門太鼓を持つ岡崎屋勘亭岡崎屋勘六すたすた荻原守衛阪上和子篠原一孝津田近義赤穂義士近松行重甚三郎

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勘六の関連情報