コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘六 カンロク

デジタル大辞泉の解説

かんろく【勘六】

[1746~1805]江戸末期の書家勘亭流の祖。岡崎屋と称し、号は勘亭。江戸中村座手代で、劇場の看板・番付をその独特な書風に改めた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんろく【勘六】

1746~1805) 江戸後期の書家。勘亭流の祖。岡崎屋勘六。号、勘亭。江戸中村座の狂言名題を書いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

勘六の関連キーワード四十七士(赤穂四十七士)中島勘左衛門(3代)中島勘左衛門(2代)中島勘左衛門(初代)加藤勘六(2代)中島三郎四郎赤穂浪士一覧小野善右衛門奥田貞右衛門岡崎屋勘亭太鼓を持つ岡崎屋勘六赤穂義士阪上和子荻原守衛津田近義篠原一孝すたすた近松行重甚三郎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android