勘亭流(読み)かんていりゅう

とっさの日本語便利帳の解説

勘亭流

歌舞伎の看板などに用いる肉太で丸い文字。江戸中村座の手代・岡崎屋勘六(勘亭)の創案

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんていりゅう【勘亭流】

歌舞伎の看板,絵本番付(プログラム)などに用いる独特の書体。筆太で,すきまなく,内へ丸く曲げるように書く。内へ丸く曲げるのは,観客が入るという縁起をかついだものである。1779年(安永8)江戸堺町の書道指南岡崎屋勘六(1746‐1805)が中村座のために発明したのがはじまり。勘六は号を勘亭といい,そこから勘亭流という流派がうまれた。【渡辺 保】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんていりゅう【勘亭流】

歌舞伎の看板や番付ばんづけなどに用いられる書体。江戸中村座の看板を書いた岡崎屋勘六(号、勘亭)が始めたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勘亭流
かんていりゅう

歌舞伎(かぶき)で、看板・番付や台本・書抜(かきぬき)の表紙などの文字に使われる特殊な書体。線が太く、丸みのある字で、筆法も縁起をかついで「内へはいる」書き方をする。1779年(安永8)、江戸の書道家岡崎屋勘六(かんろく)が中村座の狂言名題(なだい)を書き、勘亭と署名したのが始まりで、関西にも伝わり、現代でも歌舞伎を象徴する文字として広くポスターの字などに使われる。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かんてい‐りゅう ‥リウ【勘亭流】

〘名〙 書体の一種。芝居の看板、番付、正本などを書くのに用いるもの。江戸時代に通行していた御家流をもとに、起筆・終筆に特徴をもたせ、全体として肉太で丸味を帯びる。江戸堺町の御家流指南・岡崎屋勘六(号、勘亭)が、安永八年(一七七九)、中村座の「御摂年々曾我(ごひいきねんねんそが)」の看板を書いた書体に始まるという。江戸文字。
※随筆・一話一言(1779‐1820頃)補遺「中村座は仕切場勘六俳名勘亭と云世に勘亭流と称す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の勘亭流の言及

【レタリング】より

…これは書き手の親しさや温かさなどの特徴がそのまま文字に表れる。また,歌舞伎の看板に使われる勘亭流(かんていりゆう)や相撲の力士名を表す相撲文字,寄席の題名や芸名を表す寄席文字などの江戸時代に創作されたものを江戸文字といい,これらもフリーハンドレタリングに含めることができる。道路上に書かれる標示文字のうち〈型〉(文字の形にくりぬいた板など)を使って書(描)かれたものの類をステンシルと呼ぶ。…

※「勘亭流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勘亭流の関連情報