勘定寄合(読み)かんじょうよりあい

精選版 日本国語大辞典「勘定寄合」の解説

かんじょう‐よりあい カンヂャウよりあひ【勘定寄合】

〘名〙
① 江戸時代、海難の際、船舶および残損貨物の実地調査のため、役人や利害関係人が寄合うこと。共同海損に関する寄合。
② 村の会計を決算するための村寄合。多くは年末か正月に行なわれ、戸主が集まる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android