勘定寄合(読み)かんじょうよりあい

精選版 日本国語大辞典「勘定寄合」の解説

かんじょう‐よりあい カンヂャウよりあひ【勘定寄合】

〘名〙
① 江戸時代、海難の際、船舶および残損貨物の実地調査のため、役人や利害関係人が寄合うこと。共同海損に関する寄合。
② 村の会計を決算するための村寄合。多くは年末か正月に行なわれ、戸主が集まる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android