勝って兜の緒を締めよ(読み)かってかぶとのおをしめよ

ことわざを知る辞典「勝って兜の緒を締めよ」の解説

勝って兜の緒を締めよ

戦いに勝っても油断することなく、また、成功しても慢することなく、用心深く事に当たれ。

[使用例] 歴史を見ても、われわれ業界の有り様を見ても、なかなかそう勝ってをしめておらぬ。三年も景気がいいと必要以上に拡張したりして、弱体化の原因をつくるようなことをやる[松下幸之助*仕事の夢・暮しの夢|1960]

[解説] 「兜の緒」とは、戦うに当たって、兜を頭に結びつけるためのひも。戦いに勝った後、ほっとしてそのひもを解き放つのではなく、逆に、反撃にそなえてひもを締め直すぐらいの慎重さを持てというところからきています。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「勝って兜の緒を締めよ」の解説

勝(か)って兜(かぶと)の緒(お)を締めよ

敵に勝っても油断しないで、心を引き締めよ、というたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android