コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝井五八郎 かつい ごはちろう

2件 の用語解説(勝井五八郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝井五八郎 かつい-ごはちろう

1815-1865 幕末の武士。
文化12年1月12日生まれ。対馬(つしま)(長崎県)府中藩士。側用人をへて元治(げんじ)元年(1864)大勘定執務となる。大浦教之助をはじめおおくの尊攘(そんじょう)派を惨殺し,慶応元年5月3日藩主の命で討たれた。51歳。名は員周。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

勝井五八郎

没年:慶応1.5.2(1865.5.26)
生年:文化12.1.12(1815.2.20)
幕末の対馬藩士。五郎吉の子。名は員周。一時流謫されていたが,藩主の側室であった妹タミの生んだ善之允(宗義達)を世子にするため,万延1(1860)年同志と共に立つ。文久2(1862)年に反対派の家老佐須伊織を討ち,善之允の襲封に成功すると外戚として権勢を得た。以後,対馬藩では尊王攘夷派が主導権を握ったが,8月18日の政変以降,勝井は反幕府的な長州との同盟路線を警戒し,元治1(1864)年に平田大江と手を組んで政権を握り,大浦教之助ら尊攘派に対する苛烈な弾圧を開始した。この勝井騒動で多くの藩士が殺され,内外の批判が高まったことから,翌年藩主の命で討たれた。<参考文献>川本達『対馬遺事』,『長崎県史 藩政編』

(木村直也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勝井五八郎の関連キーワード対馬守言茂青木与三郎鈴木武五郎中井範五郎蓮田市五郎樋口謙之亮松永鉄五郎(4代)三桝光五郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone