コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大浦教之助 おおうら のりのすけ

2件 の用語解説(大浦教之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大浦教之助 おおうら-のりのすけ

1793-1864 江戸時代後期の武士。
寛政5年生まれ。対馬(つしま)(長崎県)府中藩士。勘定奉行,大目付などをへて加判列(家老)となる。元治(げんじ)元年藩校日新館の創設を主宰。禁門の変ののち,佐幕派の勝井五八郎により,尊攘(そんじょう)派の首謀者として投獄され元治(げんじ)元年10月25日獄死した。72歳。名は和礼。通称は別に喜左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大浦教之助

没年:元治1.10.24(1864.11.23)
生年:寛政5(1793)
幕末の対馬藩士。名は和礼。文政年間(1818~30)に出仕し,以後累進。一度引退したが,万延1(1860)年に藩主の側室碧の一派を排斥して善之允(宗義達)を世子とするのに尽力し,再勤。翌文久1(1861)年ロシア浅茅湾滞泊事件では問情使としてロシア側と強硬談判を行い,翌年の家老佐須伊織打倒以後は尊王攘夷派(義党)のリーダーとして藩政を主導して,加判列(家老)にまで上った。元治1(1864)年には藩校日新館を創設して尊攘派の拠点とし,長州藩を支援した。しかし,勝井五八郎が政権を握って尊攘派に大弾圧を加えたため獄死し,死体は梟首された。天文,算術にも長じていたという。<参考文献>賀島砥川『対馬志士』,『長崎県史 藩政編』

(木村直也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大浦教之助の関連キーワード耒耜対馬守言茂等明諸木蔀山槍錆青木与三郎井上宇右衛門奥村徳義勝井五八郎樋口謙之亮