コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝山藩〈越前国〉 かつやまはん

1件 の用語解説(勝山藩〈越前国〉の意味・用語解説を検索)

藩名・旧国名がわかる事典の解説

かつやまはん【勝山藩〈越前国〉】

江戸時代越前(えちぜん)国大野郡勝山(現、福井県勝山市)に藩庁をおいた、初め親藩(しんぱん)、のち譜代(ふだい)藩。藩校は成器堂。1623年(元和(げんな)9)に福井藩の2代藩主松平忠直(ただなお)改易(かいえき)となり、翌24年(寛永(かんえい)1)、越前は福井藩とともに丸岡藩大野藩、勝山藩など複数の藩に分割された。勝山藩は松平直基(なおもと)が3万石として成立したが、直基は35年に大野藩へ移封(いほう)、代わって弟の松平直良(なおよし)が入った。しかし、44年(正保(しょうほう)1)に直良も大野藩へ移封となり勝山藩は廃藩、福井藩預かりを経て86年(貞享(じょうきょう)3)に天領となった。91年(元禄4)、小笠原貞信(さだのぶ)が美濃(みの)国高須藩から2万2000石で入り勝山藩が再立藩された。以後明治維新まで8代、小笠原氏が続いた。幕末の戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍に与して京都周辺の警備を担当した。1871年(明治4)の廃藩置県により、勝山県、福井県、足羽(あすわ)県、敦賀(つるが)県、石川県を経て、81年に再置の福井県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勝山藩〈越前国〉の関連キーワード越前紙越前焼越前康継越前市越前蟹黒岩越前竹本越前大掾松平直良松村九山水野越前守

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone