敦賀(読み)ツルガ

大辞林 第三版の解説

つるが【敦賀】

福井県中部の市。敦賀湾奥に臨む港湾都市。古来、大陸交通の要港。また中世・近世を通じて、日本海諸国の物資の中継港として繁栄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つるが【敦賀】

[一] 福井県中央部の地名。敦賀湾に面する。古来、大陸との海上交通の要港であり、江戸時代、北陸道若狭(わかさ)路との分岐点の宿駅、西廻航路の寄港地として繁栄。明治以後は第二次世界大戦前までウラジオストクや朝鮮との間に定期航路が開かれていた。化学・セメントなどの工業が行なわれ、水産加工業も盛ん。気比(けひ)の松原・気比神宮などがある。昭和一二年(一九三七)市制。
霊異記(810‐824)中「磐嶋は〈略〉越前の都魯鹿(ツルガ)の津に往きて」
[二] 明治四年(一八七一)の廃藩置県後、若狭国の小浜県と越前国の鯖江県とを合わせてできた県。のち越前国北部の足羽県を合併。同九年石川県・滋賀県に分属。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

敦賀の関連情報