足羽(読み)あすわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足羽
あすわ

福井県北部,福井市の南東部を占める地区で旧町名。 1971年福井市に編入。足羽川が越前中央山地から福井平野に出る地一帯を占める。西部の平野は条里制の跡を残し,東大寺文書にもその名がある。東部の山地は戦国大名朝倉氏が一乗谷城を築き 100年にわたり越前支配の拠点とした。一乗谷朝倉氏遺跡は特別史跡,一乗谷朝倉氏庭園は特別名勝。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

足羽【あすわ】

古代以来の越前国の地名で,旧足羽郡は福井県足羽郡美山(みやま)町(現・福井市)と福井市のそれぞれ一部にあたる。郡名以外にも足羽川・足羽山足羽御厨(みくりや)・足羽県などの地名がある。古代の足羽郡は越前国のやや北に位置し,鎌倉時代までに分置された吉田郡を含んだ。その主要部は福井平野で,郡名は731年の《越前国正税帳》にみえるのが早い。《和名類聚抄(わみょうるいじゅうしょう)》は〈安須波〉と訓じる。早くから開け,足羽山には足羽山古墳群があり,平野部には東大寺領の道守(ちもり)荘糞置(くそおき)荘などが成立した。中世には郡の北西部を足羽北郡,南東部を足羽南郡と称したが,1664年もとに復した。足羽御厨は伊勢神宮領で,近世の福井城下一帯に比定される。《神鳳鈔》に〈内宮足羽御厨 上分絹七疋,口入二十疋,百八十丁〉とある。近世の足羽郡はほとんど福井藩領であった。1871年の廃藩置県の際に一時期足羽県が置かれた。足羽山はもとは木田山・愛宕山などとよばれ,山上に郡名を負う式内社の足羽神社がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あすわ【足羽】

越前の地名。古くは阿(安)須波と記し,現在の福井市周辺の広い地域をさす。足羽川,足羽山,足羽郡など,川や山や郡名に冠される。足羽郡の名は天平3年(731)の《越前国正税帳》にはじめて見え,《延喜式》にみえる越前6郡の一つ。中世には郡の北西部を足羽北郡,南東部を足羽南郡と称したが,1664年(寛文4)再び元に復した。1871年(明治4)廃藩置県の際,一時(明治4年12月から同6年1月までの間)足羽県が置かれたこともあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足羽
あすわ

福井県足羽郡にあった旧町名。現在の福井市域の南東部にあたる。大部分は足羽川の緩い扇状地で、良質米の産地として知られる。付近には条里の跡が歴然と残り、一乗谷(いちじょうだに)は戦国時代の守護朝倉氏の居城地。731年(天平3)の「越前(えちぜん)国正税帳」(正倉院(しょうそういん)文書)に足羽郡の名が初めてみえ、『和名抄(わみょうしょう)』には安須波と書かれている。[印牧邦雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足羽の関連情報