勝山藩(読み)かつやまはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝山藩
かつやまはん

(1) 江戸時代越前国 (福井県) 大野郡勝山地方を領有した藩。寛永1 (1624) 年より正保1 (44) 年まで越前藩 (→福井藩 ) 支藩であった以外,元禄4 (91) 年まで越前領であったが,この年小笠原貞信が美濃 (岐阜県) 高須から2万 3000石で入封,8代にわたり在封し,廃藩置県にいたる。譜代,江戸城帝鑑間詰。 (2) 江戸時代,美作国 (岡山県) 真島郡勝山 (もと高田) 地方を領有した藩。明和1 (1764) 年三浦明次が三河 (愛知県) 西尾より2万 3000石で入封して以来,廃藩置県まで存続。譜代,江戸城雁間詰。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

勝山藩

江戸時代中期の1764(明和元)年、三河国西尾藩から移封された三浦明次(あきつぐ)が、美作国真島郡勝山(真庭市勝山)を拠点に立ち上げた2万3千石の譜代藩。城下町は出雲街道の宿場として栄えた。白壁や格子窓、土蔵の残る勝山地区は、1985年に県内初の町並み保存地区に指定された。近年は、軒先に掲げた「のれん」のまちとしても知られる。

(2016-04-15 朝日新聞 朝刊 岡山全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

勝山藩

安房国、勝山(現:千葉県安房郡鋸南町(きょなんまち))を本拠地とした譜代藩。美作国(岡山県)、越前(福井県)にも同名の藩が存在した。初代藩主内藤清政。廃藩を経て寛文年間に酒井氏が入封、再立藩。元禄年間に美濃国から入封した小笠原氏は明治維新まで8代に渡り藩主をつとめた。

勝山藩

越前国、勝山(現:福井県勝山市)を本拠地とした譜代藩。清和源氏の流れを汲む名門、小笠原氏が藩主をつとめた。国指定史跡、白山平泉寺がある。

勝山藩

美作国、勝山(現:岡山県真庭市)を本拠地とした譜代藩。出雲街道の要地にあたる。もとは津山藩領地。森氏改易後、天領を経て三浦氏が入封、幕末まで藩主をつとめた。明治改元後に「真島藩」と改称したが、ほどなく廃藩置県を迎えた。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android