勝田孫弥(読み)かつだ まごや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝田孫弥 かつだ-まごや

1867-1941 明治-昭和時代前期の日本史家。
慶応3年8月25日生まれ。明治法律学校(現明大)で法律をまなぶ。明治23年「帝国議会要論」を刊行して女性の参政権をとなえる。のち維新史を研究,「西郷隆盛伝」や「大久保利通伝」を執筆。44年維新史資料編纂(へんさん)会の編纂官となる。昭和16年8月21日死去。75歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。鹿児島師範卒。号は泰東

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android