コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝負の終り しょうぶのおわりFin de Partie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝負の終り
しょうぶのおわり
Fin de Partie

アイルランドの劇作家 S.ベケット戯曲。 1957年初演。窓が2つあるだけの部屋で,車椅子に座った盲目の老暴君ハム,彼に酷使されている息子らしき人物クロブと,それぞれドラム缶に入っているハムの両親が繰広げる,らちのあかないコミュニケーション・ゲームを描いた作品。外界終末を予感し,膠着状態から脱すべくむなしい努力を続ける登場人物を通して,人間の存在の不確実性を描いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

勝負の終りの関連キーワードベケット(Samuel Beckett)ロジャー ブランアイルランドシュナイダーメタシアターブラン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android