勤労・被搾取人民の権利宣言(読み)きんろうひさくしゅじんみんのけんりせんげん(英語表記)Deklaratsiya prav trudyashchegosya i ekspluatiruemogo naroda

世界大百科事典 第2版の解説

きんろうひさくしゅじんみんのけんりせんげん【勤労・被搾取人民の権利宣言 Deklaratsiya prav trudyashchegosya i ekspluatiruemogo naroda】

1918年1月31日の第3回全ロシア労働者・兵士・農民ソビエト大会で採択された,ロシア・ソビエト共和国存立の基本的原理とその任務を明らかにした宣言。十月革命後,ソビエト政府によって進められた諸政策を認める活動綱領としての意味をももつ。宣言では,ロシアが労兵農ソビエトの共和国であり,全権力がソビエトに属すること,同共和国は〈自由な民族の自由な同盟を基礎〉とした連邦として樹立されることが明文化された。また新政権の任務を,人間による人間の搾取を廃止し,社会主義の勝利をめざすこと,土地の社会化や銀行の国有化民族自決にもとづく無併合・無賠償の講和の追求といった,ソビエト政権が進めてきた内外政策をさらに進めることにあるとしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android