コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勤労・被搾取人民の権利宣言 きんろうひさくしゅじんみんのけんりせんげんDeklaratsiya prav trudyashchegosya i ekspluatiruemogo naroda

世界大百科事典 第2版の解説

きんろうひさくしゅじんみんのけんりせんげん【勤労・被搾取人民の権利宣言 Deklaratsiya prav trudyashchegosya i ekspluatiruemogo naroda】

1918年1月31日の第3回全ロシア労働者・兵士・農民ソビエト大会で採択された,ロシア・ソビエト共和国存立の基本的原理とその任務を明らかにした宣言。十月革命後,ソビエト政府によって進められた諸政策を認める活動綱領としての意味をももつ。宣言では,ロシアが労兵農ソビエトの共和国であり,全権力がソビエトに属すること,同共和国は〈自由な民族の自由な同盟を基礎〉とした連邦として樹立されることが明文化された。また新政権の任務を,人間による人間の搾取を廃止し,社会主義の勝利をめざすこと,土地の社会化や銀行の国有化,民族自決にもとづく無併合・無賠償の講和の追求といった,ソビエト政権が進めてきた内外政策をさらに進めることにあるとしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

勤労・被搾取人民の権利宣言の関連キーワード牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))芥川龍之介アポリネール

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android