コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勾配法 こうばいほうgradient method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勾配法
こうばいほう
gradient method

多変数関数の極大または極小点を求めるのに,関数の等値線に直角な方向に変数を変化させていく方法をいう。ちょうど,山の頂上に登るのに,等高線に直角な最急勾配の方向をたどれば最短距離で達するのに似ている。システム最適化に応用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

勾配法の関連キーワード人工授精体外受精

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勾配法の関連情報