コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等値線 とうちせんisogram; isometric line; isarithm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等値線
とうちせん
isogram; isometric line; isarithm

ある事象の定量的な地図表現で,同じ値または同じとみなされる値の地点を地図上で連ねた線。土地の起伏を示す等高線,水底の起伏を示す等深線天気図における等圧線等温線,地質図の等層厚線などがその例である。等値線で表わされる事象は連続的に変動するものとみなされるので,原理的には隣接する2つの等値線の間に中間の値の等値線を補間によって挿入できる。人口分布のような個々の統計量が統計区ごとに存在する離散型分布の事象について,等値線的に表わした場合の線を等充線 isoplethと呼ぶ。等充線は等質とみなした区域の間の境界にすぎず,その線上にそのような値で表わされる地点があるとはかぎらない。人口密度の等密度線が例になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

等値線の関連キーワードブラント‐ダグラスの変圧風ヒートアイランドカルトグラムツンドラ気候イソプレット高層天気図傾向面解析高層断面図花粉情報気象要素統計地図等値線図紅葉前線地図学気候図勾配法起伏量湿舌