コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極大 キョクダイ

デジタル大辞泉の解説

きょく‐だい【極大】

[名・形動]
きわめて大きいこと。また、そのさま。「極大な被害」⇔極小
関数fx)がxaにおいて増加から減少の状態に変わるとき、関数fx)はxaで極大であるという。このときのfa)を極大値という。→極小

ごく‐だい【極大】

[名・形動]きわめて大きいこと。また、そのさま。きょくだい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょくだい【極大】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
非常に大きい・こと(さま)。最大。 「学問知見を、-に中央に集むべし/自由之理 正直
〘数〙 変数のある値に対する関数の値がその付近では最大となること。このときの関数値を極大値という。 ↔ 極小

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

極大
きょくだい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の極大の言及

【極大・極小】より

…点cを含む一つの集合Eで定義された実数値関数f(x)があるとする。cに十分近いEのすべての点でf(x)≦f(c)となるとき,fcにおいて極大となる,あるいは極大値f(c)をとるという。cに十分近いEのすべての点でf(x)≧f(c)となるとき,fcにおいて極小となる,あるいは極小値f(c)をとるという。…

【微分】より

…したがってまた,ある区間で導関数の等しい二つの関数の差はその区間で定数である。 微分係数は関数の極大,極小を求めるのに用いられる。xaにおいて関数fが極大であるとは,aのある近傍でfが定義されていて,かつその近傍の中のすべてのxに対してf(x)≦f(a)が成り立つことである。…

※「極大」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

極大の関連キーワードプロフィット・マキシマイゼーションマクスウェルの等面積法則H. ライベンスタインアーンショウの定理ペルセウス座流星群ブラッドリー光行差ホモ・エコノミクスハーネルの深度法則ペルセウス座新星浮動小数点数型ボルドーニ効果モード(統計)極大イデアルミニマックスレイリー規準最大化原理極大・極小マキシマム子午線通過極大・極小

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極大の関連情報