コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包平 カネヒラ

4件 の用語解説(包平の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かねひら【包平】

平安中期の備前の刀工。後鳥羽天皇の蒲穂(がまほ)丸などの作者といわれる。高平・助平とともに世に三平(さんひら)と称された。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

包平 かねひら

?-? 平安時代後期の刀工。
古備前を代表し,高平,助平とともに三平(さんひら)とよばれた。元暦(げんりゃく)(1184-85)のころ活躍。長さ2尺9寸4分(約89cm)で日本一の名刀と賞される「大包平」の作刀で知られる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

包平

生年:生没年不詳
平安末期の備前(岡山県)の刀工。平安末期の備前には古備前と呼ばれる刀工群がいたが,包平は高平,助平と共に三平と呼ばれていた名工。高平には現存作がなく,助平は宮内庁蔵の太刀が1口あるにすぎないが,包平は比較的多く,特に岡山の池田輝政の愛刀であった名物「大包平」が名高い。これは長さが89cmもある長大な太刀で,身幅も広く,板目鍛えに小乱れの刃文を焼くが,少しの破綻もなく,出来も優れていることから全日本刀の最高作と評価されている。銘は「備前国包平作」と太く大きく切るが,他は「包平」と2字に小さく切るのが一般的であり,同名が何人かいたとみられる。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かねひら【包平】

平安中期、備前の刀工。古備前初期に属する。太刀姿は反そり高く優美で高尚な作風。名物「大包平」の作者。助平・高平とともに備前三平と称される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

包平の関連キーワード青江物古備前三平助平高平末期粟田口国頼一文字則宗雲生正恒(1)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

包平の関連情報