コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古備前 コビゼン

デジタル大辞泉の解説

こ‐びぜん【古備前】

平安中期から末期ころまでに備前刀工が作った日本刀総称
鎌倉時代から桃山時代にかけての備前焼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こびぜん【古備前】

平安中期から鎌倉初期にかけて、備前国で作られた日本刀の総称。刀剣史では、日本刀の実際上の完成とする。友成・正恒・包平かねひららの刀工が有名。古備前物。
備前焼の初期のもの。桃山時代以前のものについていう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

古備前の関連キーワード岡山県備前陶芸美術館三日月六兵衛正恒(1)致道博物館金重 陶陽水中考古学金重陶陽水底遺跡鎌倉時代桃山時代古瀬戸藤原啓備前物長船派恒次花器安綱真恒友成正恒

古備前の関連情報