助平(読み)スケヒラ

デジタル大辞泉の解説

すけひら【助平】

平安末期の備前刀工高平包平(かねひら)とともに三平(さんぴら)とよばれた。生没年未詳。

すけ‐べ【助平】

[名・形動]すけべい」に同じ。「助平なおやじ」「むっつり助平

すけ‐べい【助平】

[名・形動]《「す(好)き」の変化した「すけ」を擬人化したもの》色事を好むこと。また、そういう人や、そのさま。好き者。すけべえ。すけべ。「根っからの助平」「助平

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すけひら【助平】

平安末期の刀工。古備前派の名工。高平・包平と共に備前三平と称される。現存作品は二振りのみ。生没年未詳。

すけべい【助平】

( 名 ・形動 )
助兵衛すけべえ」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

プチプラ

値段が安いことを表す日本の俗語。「プチ(小さい)プライス(価格)」の略。ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

助平の関連情報