コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高平 タカヒラ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高平 たかひら

?-? 平安時代後期の刀工。
備前(岡山県)の人。信房の子とも弟ともいわれる。古備前を代表し,包平(かねひら),助平とともに三平(さんひら)とよばれた。畠山重忠の太刀「かう平」の作者とされる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たかひら【高平】

平安中期の古備前派の刀工と伝え、包平・助平とともに三平とよばれるが、現在作品を見ない。生没年未詳。

たかひら【高平】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

高平の関連キーワード群馬県沼田市白沢町高平クーユワン(固原)県仁和寺宮道永法親王高平‐ルート協定三井八郎右衛門白沢(群馬県)エリフ ルート道永入道親王高平 小五郎梶井宮尭胤江里口匡史高平小五郎尭胤法親王町人考見録三井家家憲三井高富三井高平三井高房高平慧美古備前派

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高平の関連情報