コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包晶反応 ほうしょうはんのうperitectic reaction

1件 の用語解説(包晶反応の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

包晶反応

冷却されて温度が降下する場合に,一種類の固相と一種類の液相が反応して別な第二の固相を形成する反応[ゴードン : 1971,吉木 : 959,野田編 : 1977].液体が平衡に共存している結晶と反応してもとの結晶を包んで生成する別の結晶をいう.固体(1)+液体=固体(2) となり,これは固相とまだ未固結の液体熔融体の間の反応で,反応縁(reaction border)または混成的(synantectic)な鉱物が形成される場合がある.synantecticは二種類の鉱物の間に交互反応によって形成された鉱物をいう.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典内の包晶反応の言及

【包晶】より

…この反応は,液相LPと固相αPとの界面において起こり,図2-aに示すように,固相βPは初晶αPを包むようにして成長する。そこで,この反応を包晶反応といい,生じる組織を包晶という。そしてTPを包晶温度,P点を包晶点という。…

※「包晶反応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone