コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反応縁 はんのうえんreaction rim, reaction border, radiate aureola

岩石学辞典の解説

反応縁

一つの鉱物粒を取り巻いて別の他の鉱物が周縁帯を形成することで,周囲のマグマとの反応または他の鉱物との接触反応によるものである.ケリファイトやコロナを含んでいる[Holland : 1896].最初にトーネボンがradiate aureolaとよび[Toernebohm : 1877],後にアダムスがreaction rimと命名した[Adams : 1893].マグマの活動後の残液による変質作用あるいは捕獲結晶とマグマの反応などによって反応縁が形成される.後退変成作用の過程でも形成される.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

反応縁の関連キーワード石英橄欖石デーサイトファゴモルフィックシナンテクテイック粗粒玄武岩包晶反応モート斑晶

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android