コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包永(読み)カネナガ

朝日日本歴史人物事典の解説

包永

生年:生没年不詳
鎌倉時代の刀工。奈良東大寺転害門前に住した手掻派の祖。同名が南北朝時代まで3代続き,初代は鎌倉時代の正応(1288~93),2代は嘉暦(1326~29)ごろと伝え,3代には延文(1356~61),貞治(1362~68)の年紀作がある。作風は太刀は幅が広く,鎬が立つ独特の造込みで,板目が流れた鍛えに,直刃がほつれ沸のよくついた刃文が一般的である。代表作には静嘉堂文庫蔵の国宝太刀がある。大和鍛冶のなかで手掻派は最も栄え,室町時代には最多の刀工数を数える。また4男包次は文珠四郎家を興し,その門流派は新刀期までおよんでいる。

(原田一敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かねなが【包永】

鎌倉中期、大和国の刀工。平三郎と称す。奈良手搔てがい派の祖。大和鍛冶を代表する刀工で名物「児手柏このてがしわ」の作者。二代包永以下一門繁栄した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android