コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包永 カネナガ

3件 の用語解説(包永の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かねなが【包永】

鎌倉中期の刀工。大和の人。天蓋(てがい)平三郎と称した。手掻(てがい)派の始祖。→手掻物

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

包永

生年:生没年不詳
鎌倉時代の刀工。奈良東大寺転害門前に住した手掻派の祖。同名が南北朝時代まで3代続き,初代は鎌倉時代の正応(1288~93),2代は嘉暦(1326~29)ごろと伝え,3代には延文(1356~61),貞治(1362~68)の年紀作がある。作風は太刀は鎬幅が広く,鎬が立つ独特の造込みで,板目が流れた鍛えに,直刃がほつれ沸のよくついた刃文が一般的である。代表作には静嘉堂文庫蔵の国宝太刀がある。大和鍛冶のなかで手掻派は最も栄え,室町時代には最多の刀工数を数える。また4男包次は文珠四郎家を興し,その門流派は新刀期までおよんでいる。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かねなが【包永】

鎌倉中期、大和国の刀工。平三郎と称す。奈良手搔てがい派の祖。大和鍛冶を代表する刀工で名物「児手柏このてがしわ」の作者。二代包永以下一門繁栄した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

包永の関連キーワード吉房手掻物八足門包永(初代)国行(2)貞清重弘正為正恒(1)正恒(2)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

包永の関連情報