匍匐・蒲伏(読み)ほふく

精選版 日本国語大辞典の解説

ほ‐ふく【匍匐・蒲伏】

〘名〙
① 地に伏し手ではって行くこと。はらばうこと。
※経国集(827)一四・不堪奉試〈路永名〉「別有邯鄲学歩者、中途匍匐不帰」
② (匍匐) 物体に力を加えたとき、外力の大きさが一定でも時間の経過につれて歪(ひずみ)が増大する現象。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる