コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秤量瓶 ひょうりょうびんweighing bottle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秤量瓶
ひょうりょうびん
weighing bottle

固体または液体試料質量を測定する場合に用いられるガラス製または金属製の小さな容器。揮発蒸発飛散吸湿などを防ぐため密閉できるふたをもつのが普通である。 (→化学分析器具 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひょうりょう‐びん〔ヒヤウリヤウ‐〕【×秤量瓶】

固体・液体などの試料を密閉し、精密に秤量するための小形のびん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうりょうびん【秤量瓶】

少量の液体や粉末の質量を精密に秤量する際に、それを入れる蓋ふた付きの瓶。試料の蒸発・飛散・吸湿・異物混入などを防ぐ。はかり瓶。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

秤量瓶の関連キーワード粉末固体

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android