るつぼ(英語表記)crucible

翻訳|crucible

日本大百科全書(ニッポニカ)「るつぼ」の解説

るつぼ
るつぼ / 坩堝
crucible

内容物を高温加熱して乾燥、融解、あるいは焼き上げるための容器。磁器、セラミックス、石英、黒鉛、白金、ニッケルなどの金属、ガラスなど、目的・用途に応じて多様な材料でつくられたものがあり、重量分析用の小形のものから、ガラス製造用や単結晶引上げ用の大形のものもある。底部に濾材(ろざい)を仕込んだるつぼは、重量分析において沈殿を濾別してそのまま加熱するのに使われ、磁製のグーチるつぼ、ガラス製の濾過るつぼがある。

[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「るつぼ」の解説

るつぼ
ルツボ
crucible

物質を融解,ばい焼,強熱,焼結,冶金などの目的で高温で処理するときに使用する耐熱性の容器.表に示したように,目的,用途に応じて種々の材質および形状のものがつくられている.分析用に使われる濾過るつぼは,濾過器性質とるつぼの性質をあわせもっているもので,に多数の小孔をもつグーチるつぼとガラス濾過るつぼなどがある.化学分析で沈殿を濾過後,所定温度で乾燥して重量分析に使用される.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「るつぼ」の解説

るつぼ
The Crucible

アメリカの戯曲。4幕。 A.ミラー作。 1953年1月 22日ニューヨークのマーティン・ベック劇場初演。 1692年マサチューセッツ州のセーレムで起った魔女狩り裁判を題材にした作品。第2次世界大戦後のアメリカの赤狩り (マッカーシズム) に対する作者の批判でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android