るつぼ(英語表記)The Crucible

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

るつぼ
The Crucible

アメリカの戯曲。4幕。 A.ミラー作。 1953年1月 22日ニューヨークのマーティン・ベック劇場初演。 1692年マサチューセッツ州のセーレムで起った魔女狩り裁判を題材にした作品。第2次世界大戦後のアメリカ赤狩り (マッカーシズム) に対する作者の批判でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

るつぼ

1953年初演のアーサー・ミラーによる戯曲。原題《The Crucible》。17世紀末のセーラム魔女裁判を題材とする作品。1953年に第7回トニー賞(演劇作品賞)を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

るつぼ
るつぼ / 坩堝
crucible

内容物を高温加熱して乾燥、融解、あるいは焼き上げるための容器。磁器、セラミックス、石英、黒鉛、白金、ニッケルなどの金属、ガラスなど、目的・用途に応じて多様な材料でつくられたものがあり、重量分析用の小形のものから、ガラス製造用や単結晶引上げ用の大形のものもある。底部に濾材(ろざい)を仕込んだるつぼは、重量分析において沈殿を濾別してそのまま加熱するのに使われ、磁製のグーチるつぼ、ガラス製の濾過るつぼがある。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

るつぼの関連情報