化石糞学(読み)かせきふんがく(英語表記)coprology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化石糞学
かせきふんがく
coprology

古生物学の一分野で,古生痕学の一種。糞石を研究する学問。古動物の食性や肛門の働きを知り,古生態を調べることを目的とする。糞の化石は紐状あるいは球状の団塊で,リン酸カルシウムより成ることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android