コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北川忠四郎 きたがわ ちゅうしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北川忠四郎 きたがわ-ちゅうしろう

1805-1882 江戸後期-明治時代の社会事業家。
文化2年5月生まれ。慶応2年郷里近江(おうみ)高宮村(滋賀県彦根市)に有志と報謝宿(のちの賑窮舎(しんきゅうしゃ))を設立,貧窮者たちを収容した。明治5年高宮小学校創設につくし,河窪二郎八と世話役をつとめた。明治15年5月29日死去。78歳。号は鬼仏。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

北川忠四郎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android