コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世話役 セワヤク

葬儀辞典の解説

世話役

葬儀のとき、雑事を担当し、円滑な運営をはかる人。一般的な世話役としては、次のような役割があります。■世話役代表葬儀全体の運営の世話役。■会計係香典の管理、精算などにかかわる役。■調達係食事や返礼品用意をする役。■受付係通夜・葬儀での受付役。■携帯品係会葬者の携帯品を預かる役。■式場係会葬者の案内役。■接待係僧侶や会葬者の接待役。■台所係料理の用意・配膳などの役。

出典 葬儀ベストネット葬儀辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せわやく【世話役】

社会集団においてそのとりまとめや事務処理にあたる役であり,その人物を一般に世話人という。村落社会には多くの集団が存在するが,そのなかで世話役が設定されるのは各種の日待(ひまち)や(こう)である。組織の責任者が他の構成員より上位の存在となるときは世話役とはいわず,組長とか講というように長や頭(かしら)を付けることが多い。世話役という場合は,同等の者のなかでたまたまそのことにあたる者という意味が示されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世話役の関連キーワードDormitory Parentベンジャミン フリードマン学童保育と地域子ども教室カイ レイニウスカタライザー渡辺勘左衛門八木 善五郎平野屋五兵衛葬儀・告別式メスキータ藤間藤太郎保科善四郎出居の少将北川忠四郎羽目・破目壺田 花子御鉢が回る西村 楽天森甚太郎星野 錫

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世話役の関連情報