有志(読み)ゆうし

精選版 日本国語大辞典「有志」の解説

ゆう‐し イウ‥【有志】

〘名〙 ある事についての、意見意志、目的などをもつこと。団体などの構成員のうち、ある事に特に関心をもち一緒に何かを実現しようとすること。また、その人々。
※十善法語(1775)五「常人の軽々に看過するところなれども、志のものは恐懼するところぞ」
[補注]声明文などを発表する際、名を出すかわりに単に「○○有志」と記すことがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「有志」の解説

ゆう‐し〔イウ‐〕【有志】

ある物事に関心をもち、かかわろうとする意志のあること。また、その人。「有志を募る」
[類語]篤志家ボランティアボランタリー自発的公共心公徳心犠牲犠牲的サービス献身献身的ささげる挺身ていしん捨て石利他利他心志願慈善篤志殉ずる奉仕奉公寄与貢献裨益ひえき尽力尽くす骨身を惜しまず粉骨砕身身をにする身を削る骨身を削る命をささげるケアアフターケア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「有志」の解説

【有志】ゆう(いう)し

志す所がある。王粲詠史 人生各り (つひ)に此れが爲に移らず~ 生きては百夫のと爲らん 死しては壯士のと爲らん

字通「有」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android