コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北川悦吏子 きたがわ えりこ

2件 の用語解説(北川悦吏子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北川悦吏子 きたがわ-えりこ

1961- 平成時代の脚本家。
昭和36年12月24日生まれ。にっかつ(現日活)撮影所勤務をへて,平成元年テレビドラマ「赤い殺意の館」でデビュー。「素顔のままで」「ロングバケーション」などのヒットをとばし,ラブストーリーの名手といわれる。12年「ビューティフルライフ」で向田邦子賞,橋田賞,および放送文化基金賞をうけた。岐阜県出身。早大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵miniの解説

北川悦吏子

日本の脚本家、映画監督、作詞家、エッセイスト。1961年12月24日、岐阜県生まれ。早稲田大学卒業後、にっかつ撮影所など経てテレビドラマの脚本家となる。92年「素顔のままで」(フジテレビ系列)で初めて連続ドラマの脚本を担当、大ヒット作品となる。以降、「あすなろ白書」(93年・フジ系列)、「愛していると言ってくれ」(95年・TBS系列)、「ロングバケーション」(96年、フジ系列)などの脚本を手がけて社会現象を巻き起こし“恋愛の神様”と称されるようになった。99年に難病「炎症性腸疾患」が発見され、2010年には大腸全摘出手術を受ける。一方、「Beautiful Lifeふたりでいた日々~」(2000年、TBS系列)では最高視聴率41.3%を記録し、09年に「ハルフウェイ」で映画監督デビューを果たすなど多方面で活動している。15年5月には「聴神経腫瘍」を患い左耳が聞こえない状態であることを自身のTwitterで明かした。

(2015-5-25)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北川悦吏子の関連キーワード新井一植草圭之助国弘威雄鈴木尚之田向正健中島丈博野上竜雄服部ケイ八住利雄依田義賢

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北川悦吏子の関連情報