コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤い殺意

デジタル大辞泉プラスの解説

赤い殺意

1964年公開の日本映画。監督・脚本:今村昌平、原作:藤原審爾、脚本:長谷部慶治、撮影:姫田真佐久、録音:神保小四郎。出演:西村晃春川ますみ赤木蘭子、加藤嘉、北村和夫、橘田良江、楠侑子ほか。第19回毎日映画コンクール撮影賞、録音賞受賞。第19回毎日映画コンクール男優主演賞(西村晃)、第19回毎日映画コンクール女優助演賞(楠侑子)ほか受賞。

赤い殺意

TBS系列放映による日本の昼帯ドラマ。花王愛の劇場。1975年5~7月放映(全45回)。原作は藤原審爾の同名小説。出演:市原悦子、高津住男、新倉博ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

あかいさつい【赤い殺意】

藤原審爾の推理小説。昭和34年(1959)、雑誌「女性自身」に連載。今村昌平監督による映画化作品があるほか、数度にわたりテレビドラマ化されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

赤い殺意の関連キーワード日本映画史(年表)姫田 真左久小栗 一也高津 住男藤原 審爾北川悦吏子西村 晃千葉裕子早川絵美

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android