コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤い殺意

2件 の用語解説(赤い殺意の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

赤い殺意

1964年公開の日本映画。監督・脚本:今村昌平、原作:藤原審爾、脚本:長谷部慶治、撮影:姫田真佐久、録音:神保小四郎。出演:西村晃、春川ますみ赤木蘭子、加藤嘉、北村和夫、橘田良江、楠侑子ほか。第19回毎日映画コンクール撮影賞、録音賞受賞。第19回毎日映画コンクール男優主演賞(西村晃)、第19回毎日映画コンクール女優助演賞(楠侑子)ほか受賞。

赤い殺意

TBS系列放映による日本の昼帯ドラマ。花王愛の劇場。1975年5~7月放映(全45回)。原作は藤原審爾の同名小説。出演:市原悦子、高津住男、新倉博ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤い殺意の関連キーワード儀式首の座沈黙誘拐OUT美しい夏キリシマ白い手手をつなぐ子ら不毛地帯真昼の暗黒

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤い殺意の関連情報