コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北川舜治 きたがわ しゅんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北川舜治 きたがわ-しゅんじ

1841-1902 明治時代の歴史家。
天保(てんぽう)12年5月生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の人。京都の本草学者山本榕室に師事。帰郷後医を業とする。明治8年滋賀県庁にはいり史誌を編修。19年草津に私塾修文館をひらき,国史・地誌などを執筆した。明治35年10月15日死去。62歳。本名は誠明,尚宏。号は静里。編著に「近江地誌」「明治新史」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北川舜治の関連キーワード北川静里明治時代歴史家天保

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android