コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北村伝左衛門 きたむら でんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村伝左衛門 きたむら-でんざえもん

?-? 江戸時代前期の陶工。
周防(すおう)(山口県)の人。もと肥前有田皿山(ありたさらやま)(佐賀県)の陶工大隅(おおすみ)(鹿児島県)桑原郡横川(よこがわ)郷の山ケ野金山ではたらいていたが,寛文元年(1661)姶良郡(あいらぐん)帖佐(ちょうさ)郷の小野元立坊(げんりゅうぼう)の窯にまねかれ,元立院焼をはじめた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android