コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北村兼子 きたむら かねこ

2件 の用語解説(北村兼子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村兼子 きたむら-かねこ

1903-1931 大正-昭和時代前期のジャーナリスト。
明治36年11月26日生まれ。大阪朝日新聞記者となり,昭和2年退社,3年「婦人記者廃業記」をかく。4年万国婦人参政権大会に出席し,女性の地位向上をうったえる。日本飛行学校にはいり訪欧飛行を準備中,昭和6年7月26日急死。29歳。大阪出身。大阪外国語学校(現大阪外大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北村兼子

没年:昭和6.7.26(1931)
生年:明治36.11.26(1903)
大正昭和期のジャーナリスト。大阪府生まれ。北村佳逸と勝野の長女。大阪外国語学校(大阪外大)修了。関西大学法学部法律学科で聴講生として学ぶ。大阪朝日新聞記者。退社後,ベルリン開かれた万国婦人参政権大会(1929)などの国際会議に出席,欧米・中国などを視察し,女性の地位向上を鋭い筆力で訴えた。日本飛行学校に入学し,訪欧飛行を準備中に発病し急死。29歳だった。『婦人記者廃業記』『大空に飛ぶ』などの著書がある。<参考文献>『関西大学百年史』通史編上・別冊人物編

(中村幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北村兼子の関連キーワード国際ジャーナリスト機構国際ジャーナリスト連盟ビデオジャーナリストジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストスポーツジャーナリスト小林雄一酒井寅吉秦正流

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北村兼子の関連情報