コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通天閣 ツウテンカク

デジタル大辞泉の解説

つうてん‐かく【通天閣】

大阪市浪速区歓楽街新世界の中心にある展望塔。大正元年(1912)パリのエッフェル塔に倣って造られたが、第二次大戦中に撤去され、昭和31年(1956)再建。高さ103メートル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

通天閣【つうてんかく】

大阪市浪速(なにわ)区恵美須東,新世界にある鉄塔。1903年の第5回内国勧業博覧会の跡地に1912年,エッフェル塔に模して建てられ,当初高さ64mで,大阪市初のエレベーターがあった。
→関連項目浪速[区]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

つうてんかく【通天閣】

大阪市浪速区の歓楽街、通称、新世界の中心にある塔。エッフェル塔にならって1912年(明治45)竣工。現在のものは56年(昭和31)再建。高さ103メートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通天閣
つうてんかく

大阪市浪速(なにわ)区の盛り場新世界にある高塔。1912年(明治45)パリのエッフェル塔をまねて、高さ75メートルの塔屋が建てられ新世界の名所となった。第二次世界大戦中、金属回収のため撤去されたが、1956年(昭和31)地元民の熱意により、103メートルの塔が再建された。[樋口節夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の通天閣の言及

【新世界】より

…1903年に開かれた第5回内国勧業博覧会の跡地の東半分を天王寺公園とし,1912年西側に新世界をつくった。中央にパリのエッフェル塔をまねた通天閣(高さ75m)が建ち,ルナパークと称する娯楽場,映画館,演芸場などの並ぶ歓楽街としてにぎわった。通天閣は第2次世界大戦中撤去され,1956年に現在の高さ103mのものが再建された。…

※「通天閣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

通天閣の関連キーワード大阪府大阪市浪速区恵美須東ワッハ上方の移転問題大阪府大阪市浪速区新世界(大阪市)新世界と通天閣名古屋テレビ塔大阪府大阪市ロープウェー北村 兼子Chomo通天閣ロボ通天閣観光浪速[区]吉野悦世7月3日吉内里美瀬戸洋祐あらじお北井一夫西加奈子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通天閣の関連情報