コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北村想 きたむら そう

1件 の用語解説(北村想の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村想 きたむら-そう

1952- 昭和後期-平成時代の劇作家。
昭和27年7月5日生まれ。劇団「TPO師★団」「彗星'86」をへて,昭和61年から「プロジェクト・ナビ」を主宰。名古屋を拠点に活動する。59年「十一人の少年」で岸田国士(くにお)戯曲賞。平成2年「雪をわたって…第二稿・月のあかるさ」で紀伊国屋演劇賞。滋賀県出身。石山高卒。本名は清司。作品に「寿歌(ほぎうた)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北村想の関連キーワード級化層理日中関係日野BD型バス(ブルーリボン)カリブ文学吉田茂内閣ジョージ三等重役オリンピック音楽コンクール中山悌一

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北村想の関連情報